2019年06月29日

<闇営業問題 >芸人だけじゃない!演歌界にも飛び火で紅白は存亡の危機...



1 :Egg ★:2019/06/29(土) 10:27:09.45 ID:f0t9AyhV9.net
騒動は広がる一方だ。

 雨上がり決死隊・宮迫博之(49)ら芸人11人を活動停止の謹慎処分とした吉本興業で、新たに反社会的勢力との“黒い交際”が発覚した。

 同社所属のコンビ芸人「スリムクラブ」の内間政成(43)と真栄田賢(43)が、指定暴力団「稲川会」大物幹部の誕生パーティーに出席した様子を発売中の「FRIDAY」が掲載。写真は2016年8月ごろに撮られたものとされ、内間は上半身裸で札束の首飾りを巻いて笑顔でピースサインをしている。

 これに先駆け、吉本興業は昨27日、反社会的勢力が参加するパーティーに参加し金銭を受領したとして、スリムクラブの2人を「無期限謹慎処分」にすると発表。あわせて今月末と来月初旬に都内で活動する若手芸人約1000人を対象に「緊急コンプライアンス研修」を実施すると発表した。

「もはや“闇営業”の話にとどまらない。スリムクラブに関してはワキが甘いどころの話ではなく、これは“黒い交際”です。知らなかったで済まされる話ではないでしょう」(芸能リポーター)

 かつて島田紳助は、暴力団との親密交際が発覚し「自分の中ではセーフだと思っていました」と弁明したが、今回のケースも認識が甘すぎるというのは芸能文化評論家の肥留間正明氏だ。

「かつて興行の世界と闇社会は切っても切れない関係で、吉本興業と山口組も密接な関係があった。しかし時代は変わったんです。もはやタレントは、企業や官公庁などのスポンサーからCM出演や営業のギャラをもらっている『半公人』なんですよ。当然、反社会的勢力との交際は重大なコンプライアンス違反となります」

 それは事務所を通さないプライベートの“闇営業”でも同様。タレントもそうした常識を持つ必要があるという。

 さらに懸念されるのが、こうした“認識の甘さ”は芸人だけにとどまらないという点。

「闇社会との関係で言えば、演歌歌手などは、いまだに反社会的勢力との関係が深く、闇は深い」(肥留間正明氏)

 確かに、山口組によるかつての「神戸芸能社」と美空ひばりの関係や、北島三郎が稲川会の新年会に出席し、NHK紅白の出場を辞退した一件など、“演歌界と闇社会”には伝統的に浅からぬ関係が存在する。詐欺商法の広告塔になった歌手も数多くいる。ジャーナリストの中村竜太郎氏はこう言う。

「反社会的勢力との関係を持たないのは大前提ですが、芸人のケースでいえば、今のところ時効なしで厳しい処分が下されている。この件はまだまだ拡大しそうです」

「現在、グレーゾーンとしてウヤムヤになっている裏側がすべて明るみになったら、紅白歌合戦も成立しなくなってしまう」(音楽関係者)という声もある。

 闇営業問題はついに芸能界全体に飛び火した。

日刊ゲンダイ6/29(土) 9:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00000010-nkgendai-ent

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190629-00000010-nkgendai-000-3-view.jpg

【引用スレッド】<闇営業問題 >芸人だけじゃない!演歌界にも飛び火で紅白は存亡の危機...
【引用URL】http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561771629/l50

続きを読む


posted by ちぇき at 18:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“絶対歌わない”広末涼子を歌わせた長渕剛



1 :砂漠のマスカレード ★:2019/06/26(水) 21:23:15.26 ID:5PoBx1r89.net
女優の広末涼子(36歳)が、6月26日に放送された音楽特番「テレ東音楽祭2019」(テレビ東京系)に司会として出演。
アイドル時代の歌は絶対に歌わないことにしているが、「長渕剛にカラオケで歌を入れられ、断れなかった」とのエピソードを披露した。

この日、昔のCMソングを紹介するコーナーで、広末の歌った「MajiでKoiする5秒前」や「大スキ!」が映像で流れると、広末は照れくさそうに「恥ずかしい……」とコメント。
今でも自分の歌を歌うことがあるか尋ねられると「絶対歌わないです!」と強く否定した。  

広末によると、友人や打ち上げの席で自分の曲が入れられると、歌わずに曲を切ってしまうそうで、「あれは10代だから歌えた歌」と話したが、
一方で「ついこの間、長渕剛さんとカラオケに行って(自分の)曲を入れられた時に断れませんでした」と苦笑い。「すっごい何十年ぶりかに歌いました」と明かした。

https://news.livedoor.com/article/detail/16682441/
2019年6月26日 20時48分 ナリナリドットコム

【引用スレッド】“絶対歌わない”広末涼子を歌わせた長渕剛
【引用URL】http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561551795/l50

【引用スレッド】“絶対歌わない”広末涼子を歌わせた長渕剛
【引用URL】http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561551795/l50

続きを読む
posted by ちぇき at 17:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

吉高由里子VS土屋太鳳「ガン無視」バトルの全真相がわかった!



1 :砂漠のマスカレード ★:2019/06/25(火) 09:09:30.40 ID:vEYt2ki69.net
今、映画業界で不穏な噂が流れている。吉高由里子(30)と土屋太鳳(24)の間に“とげとげしい空気”が漂っているというのである。

二人はNHKの朝ドラ「花子とアン」で共演し、かつては蜜月だったと言われるが、実は昨年の日本アカデミー賞授賞式頃から、その関係に、異変が生じていたのだという。

「この時の日本アカデミー賞では吉高が『ユリゴコロ』(東映、日活)で、土屋が『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(松竹)でともに優秀主演女優賞を獲得したのですが、
両者が久しぶりに顔を合わせた授賞式の現場でまさかの“ガン無視”の目撃談が相次いだんです」(映画関係者)

この日の接触について吉高と土屋は、双方ともにペアショット写真をSNSにアップしているが…。

「いや、現場での実態を知っている映画関係者の間では『やっぱり土屋の目が全然笑っていない』として逆に不仲説を確信させられる結果となりました。
だって現場では、話しかけてくる土屋に対し、吉高が聞こえないフリをして、何度もガン無視していたんですから」(前出・映画関係者)

吉高の「心変わり」の真相について、6月25日号の週刊アサヒ芸能7月4日号で詳報している。

http://dailynewsonline.jp/article/1891501/
2019.06.25 05:58 アサ芸プラス

https://stat.7gogo.jp/appimg_images/20180318/11/c1/Ft/j/o15471920p.jpg

【引用スレッド】吉高由里子VS土屋太鳳「ガン無視」バトルの全真相がわかった!
【引用URL】http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561421370/l50

続きを読む
posted by ちぇき at 22:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。